経鼻内視鏡の広場 for medical
ログインはこちら
新規会員登録はこちらから
このサイトの使い方
監修:宮脇哲丸先生(出雲中央クリニック院長)、川田和昭先生(静岡赤十字病院 経鼻内視鏡センター長)
 
Knowledge
スキル
前処置のポイント、前投薬と使用器具について
1.前処置および前投薬
個々の処置について具体的に解説
2−1 ガスコン
2−2 プリビナ
2−3 鼻腔の決定
2−4−1 ビスカス注入1
2−4−2 ビスカス注入2
2−5 スティックの準備
2−6 スティックの挿入1
2−7 スティックの挿入2
立ち位置やスコープ操作上のポイント
3.経鼻検査の基本動作
2つの挿入ルートについて
4−1 中鼻甲介下端ルート
4−2 下鼻甲介下端ルート
1.このスティックについて
2.このスティックを使っていただきたいのは・・・
3.どれくらいの時間を短縮できますか
4.2段スティックを用いた前処置法

ノウハウ
経鼻挿入のメリットとその効果について
1−1 経鼻挿入のメリット
1−2 会話がなぜ有効なのか
1−3 しなやかだからスムーズ
1−4 細いからこそ気をつけるべき偶発症
スティック法のメリット
なぜスティック法が望ましいか
実際の検査映像を織り交ぜて紹介
3−1 狭い鼻腔の通過
3−2 ゼリーはこまめに
3−3 インジゴの撒き方
3−4 インジゴ散布で診断能向上
3−5 小回りが利くから観察できる部位
3−6 鎮けい剤について
3−7 抜去困難例の対応

 
 
Library
Handling